大人ニキビが早く治る化粧水って?

ニキビの種類について

ニキビと一口に言っても、症状の進行の段階別に種類分けすることが可能です。

 

出来始めの段階である白ニキビにはじまり、炎症を起こしてしまうと赤ニキビ、膿がたまっていれば黄色ニキビへと変化していきます。

 

また毛穴に皮脂が詰まってしまい、その表面が空気に触れることで酸化して黒くなったものは黒ニキビと呼ばれています。

 

この黒ニキビは毛穴の広がった比較的年配の男性によく見受けられますね。

 

そして、毛穴を黒ずまらせることで有名な角栓も実はコメドと呼ばれるニキビそのものなのです。

 

赤く炎症を起こしてブツブツと目立っているものだけに目が行きがちですが、まずは毛穴に皮脂を詰まらせないことから大人ニキビの対策を考えていくべきでしょう。

 

角栓と聞くと、毛穴に皮脂が詰まってできたものと思われがちですが、実際には皮脂と老廃物である皮膚のタンパク質が混ざりあってできています。

 

毛穴に詰まった脂を溶かす、という売り文句の黒ずみ向け商品も見かけますが、本当は脂よりもたんぱく質の方が比率が高いので現実的ではないように感じます。

毛穴パックなどで引っぱり出して除去することは出来ますが、その毛穴は大きくなり、また皮脂がたまりやすくなってしまうだけなのでオススメハできません。

それよりも正しい洗顔を身につけて保湿ケアすれば、お肌のターンオーバーでだんだんと黒ずみも解消されるはずです。

 

ただし、アゴニキビなどは白ニキビや角栓に気がつかずにいきなり赤くて大きいニキビが出現してしまうことも多いです。

 

これは、お肌のかなり深いところでニキビが作られてしまうために起きる現象でもあります。

それと角栓とコメドについて詳しいサイトを見たのであとで探してそのURLを紹介しますね。
いずれにしてもまずは毛穴にニキビの芽を育てないように心がけるようにして下さい。

 

乾燥肌で大人ニキビができる理由

乾燥肌に悩んでいるのにニキビもできてしまう・・・、大人ニキビではこんな最悪のパターンもよくあります。

 

こういう人の皮膚では、インナードライという肌質になっている可能性も高いですね。

 

ニキビとは一種の肌荒れの状態です。

 

原因は人それぞれですが、大人ニキビの場合はアクネ菌を退治することだけに気を取られていると改善するどころか、より悪化させてしまうケースも多いです。

 

その理由は思春期の頃の肌質に比べると、皮膚で分泌される皮脂の量が圧倒的に減少傾向にあるからです。

 

オイリー肌ではないのにニキビができるのか?それは肌のターンオーバーのサイクルが乱れて、死んだ皮膚細胞が肌から剥離しないせいで、そのカスが毛穴の出口を塞いでしまうことが原因です。

 

毛穴の出口がふさがってしまうと、少ない皮脂でも肌の表面に出て行くことが出来ないので毛穴の中で詰まってしまうのです。

 

この仕組みはアゴやフェイスラインと言ったふだんは毛穴の目立ちにくい部分に大人ニキビが発生しやすいことからも見て取れる現象です。

 

それでもニキビができていると、脂が良くない、皮膚を清潔に保ちたいという意識から必要以上に洗顔をしてしまうケースが少なくありません。

 

しかもニキビ肌用のスキンケア用品はその有効成分として配合されているビタミンCなどの働きによって、肌が乾燥しがちです。

 

洗い過ぎの肌でひとたび乾燥が起こると、お肌にとっての天然のバリアである皮脂が水分と混ざらなくなるため、インナードライの状態に陥ってしまうのです。

 

バリアを失った肌は刺激に弱くなり、雑菌の侵入も容易になるため、ニキビ以外の肌トラブルも増えどんどん敏感肌へと進行してしまいます。

 

大人ニキビのケアは常に保湿とセットで!と心に留めておいて下さい。

 

 

ノンコメドジェニック化粧品って大人ニキビに効果あるの?

ニキビケア向けの化粧品はたくさんの種類が発売されていますね。

中でもよく耳にするのが「オイルフリー」や「ノンコメドジェニック」というタイプの基礎化粧品。

オイルフリーについては読んで字のごとく油分が入っていないという意味ですがノンコメドジェニックっていったい何?という方も多いですね。

 

ノンコメドの「コメド」は角栓のことで、ニキビとイコールでもあります。

non-comedoでコメドがない、ニキビなしって感じでしょうか。

 

実際にはコメドを作ってしまうような成分や、炎症を悪化させる成分を使っていないという意味でつけられた名前の化粧品を指しています。

 

オイルフリーというタイプの化粧水もニキビ用には多く見られますが、ノンコメドの方がより、ニキビ対策に特化しているという判断ができるでしょう。

 

ただしノンコメドジェニック化粧品ならば絶対にニキビができないとか、にきびが治りやすいというものでもありません。
それよりも、どちらかといえばニキビに悪いとされている油分等を配合していないので「ニキビができる可能性を低くしていますよ」というようなニュアンスと考えるくらいでしょうか。

 
ニキビ化粧品がいろいろあるように大人ニキビができてしまう人の肌質もさまざまです。

 

いくら誘発率の低い化粧水を選んでも、体内のホルモンバランスが崩れたり、腸内環境が悪化すればニキビはできてしまいます。

逆にノンコメドジェニックでないニキビ化粧品でも、その人の肌質にマッチすれば大人ニキビが驚くほど改善する場合もあるのです。

 

ニキビができにくい効果と、にきびが治るのともまた次元の違うことなので、ご自分のお肌の状況にあった化粧品を見つけることが大切です。

 

 

ニキビ跡の改善とにきび治療はベツモノ

できてしまったニキビを治すこととニキビが治まった後に赤みが引かなかったり、クレーターのような痕が残ってしまったのを消すのとでは同じではありません。

どちらもお肌のトラブルであり、肌アレの一環と言えなくはありませんが、ニキビは炎症を伴う病気ですから皮膚科のお医者さんに通院すればお薬をつけてもらったり化膿している膿を出してもらえます。

しかもこれらは保険治療の範囲で診てもらえるのですから、悪化させる前に行く価値はあありますね。

 

ところがニキビ跡が赤黒くシミになってしまったとか、大きなニキビがあった部分がボッコリ凹んでしまったというようなニキビ跡では保険はききません。

 

双方を自分で改善するにしても、大人ニキビは繰り返し同じような場所にできやすいですから、今ニキビができている部分と以前のニキビ跡の残っている部分がほとんど一緒というパターンも起こりがちですよね。

 

こうなってしまうとどちらを優先してスキンケアをするべきなのかかなり迷うところです。

 

化粧品の選び方も優先順位を考えると違ってくることでしょう。

 

ニキビの跡に色素沈着しているようなら、やはりビタミンCは欠かせません。

どちらかと言うとシミケアや美白化粧品を選んで使う方が治りが早いです。

 

凸凹のできた肌は化粧品だけで改善するのは難しいですが、フラーレンなどの皮膚再生効果の期待できる成分入りのものなどが使ってみる価値ありと思います。

 

大人ニキビにしてもニキビ跡の改善にしても、結局のところまず考えるべきはニキビのできない健康な肌を目指すという点です。

 

乾燥肌は肌荒れに直結しやすいので、特に化粧水の保湿成分はケチらないでもらいたい部分。

 

そして、肌荒れの原因は体調からきていることが多いので、化粧品だけでなんとかしようとせずに、毎日の生活パターンを見直して下さい。

 

良質な睡眠と、正しい食生活があなたのお肌を作っていることをお忘れなく。

 

 

 

 

ビタミンCの外部塗布はお肌にとって刺激物扱い

大人ニキビによく効くと書いた美容成分のビタミンCは、実はお肌にとっては刺激物でもあります。

 

そのためビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液をつけると滲みたり、ピリピリと刺激を感じて軽い痛みもするせいか赤くなってしまう場合も。

 

これではせっかくの有効成分が配合された化粧水でも続けにくいですよね。

 

抗酸化力の高いビタミンCは誘導体として化粧品に配合されていますが、その濃度がどのくらいなのか?含有量がどれだけあるのかなどが書かれている製品はそう多くはありません。

ほんの少しでも入ってさえいればビタミンC誘導体入り化粧水であることに間違いはないのです。

 

肌荒れの状態の際に刺激を感じない化粧品は裏を返すと有効成分の少ない(薄い)水のような化粧水である可能性もあるのです。

 

これならお肌にとって穏やかで当たり前ですが、ニキビに効くこともないでしょう。

 

自分の肌にどの程度のモノが合うのかは結局のところ試してみるほか無いのです。

 

 

また、人間の場合ビタミンCは体内で作り出すことができないため、食事などの手段で外から栄養補給しなくてはなりません。

 

しかも、カラダに蓄積しておくことのできない成分なので、毎日取り続ける必要があります。

 

ニキビケアに有効な成分と考えた場合は化粧品として塗るのが一般的と思うかもしれませんが、お肌のハリを保つ材料でもあるコラーゲンの生成にも欠くことのできない物質です。

 

食べ物から摂取しないと肌荒れも改善しませんし、シワやタルミも増える一方です。

 

もしあなたがタバコを日常的に吸っているのであれば、ビタミンCは絶対に足りていません。

 

野菜やくだものを意識して多く摂るように心がけてもまだ不十分かもしれないくらいです。

 

大人ニキビに悩んでいる人は特にカラダの外からと内側からとの両方でビタミンCをタップリ取り入れるようにして下さいね。

 

 

 

大人ニキビ治療の化粧品で効果の高い美容成分ってなに?

大人ニキビによく効く化粧品が知りたい!

 

きっとニキビに悩んでいる誰もが思っていますよね?

 

わたし自身もいくつものニキビケア化粧品を試しましたが、中でも外すことのできない美容成分は、なんといってもビタミンCが筆頭ではないでしょうか。

 

ただしみなさんもよくご存知のように、ビタミンCは水溶性の性質を持っています。

 

ということは、いくらお肌に付けても皮脂に阻まれてしまい、効果の高い有効成分はお肌の内部の細胞に届くことはありえない、ということです。

 

 

しかもビタミンCという物質は非常に安定性が悪いため、すぐに酸化してしまうのも化粧品としては扱いづらい原材料。

 

このため多くの化粧水ではビタミンCを「誘導体」という形にして配合させることで、不安定であること、肌になじまないことなどの欠点を克服させています。

 

ビタミンC誘導体入りの化粧水はニキビ改善だけでなくシミなどにも有効ですから、赤く残ってしまったニキビ跡を目立たなくするような働きもしてくれます。

 

その上ピュアビタミンに比べると商品自体の価格を低めに押さえて提供ができるのも、メーカーさん的には大きな強みになっているようです。

 

 

ただしこのビタミンC誘導体配合化粧品でも弱点はあります。

 

というよりもその効果の副作用と言えるかもしれませんが、使用後に皮膚に乾燥がおきたり、つけている時点で刺激感が生じることもあります。

 

また、ビタミンC入りの美容液などはつけた時にツッパリ感がしたり逆にべたつきを感じるものもあるようです。

 

皮脂をコントロールする以上、ある程度の乾燥は付き物ともいえそうですが、このため大人ニキビのケアには保湿が欠かせないポイントとなるのです。

 

ビタミンCをつけたらうるおい補給をお忘れなく!

 

大人ニキビに合う化粧水とは?

大人ニキビができている時のスキンケアはどうすれば良いのか迷うところだと思います。

 

とにかく清潔第一に考えている人がほとんどではないでしょうか?

 

もちろんそれ自体が間違っているということではありませんが、思春期のニキビの時と同じケア方法ではきちんと治すことが出来にくいのも知っておかなければなりません。

 

ニキビ対策というとオイルコントロールにばかり目が行きがちですが、オイル不足ではお肌が乾燥してしまうため、肌のターンオーバーが乱れて、さまざまな肌トラブルを引き起こしかねません。

 

じつは一般的な乾燥肌とは顔の皮脂が出ている量が少なくなることで角質の水分をキープできなくなった肌細胞の状態。

 

とはいえ、ここにいくら水分だけを追加してもすぐにまたう失われてしまうだけなのです。

 

細胞内に水分をつなぎ止めるための何かがないと意味がありません。

 

では油分でフタをすれば良いのかと言うと、今度はまた皮脂が毛穴に詰まって角栓ができてしまいます。

 
じっさいのところ補うべきは油分よりもセラミドで、細胞の中と外の物質の移動に深く関わっている成分だと言うことを十分に理解しておくようにしましょう。

 
いま分かっているだけで340種以上もあるセラミドですが、例えばセラミド6とは皮膚の中に存在する自然のα-ヒドロキシ酸とフィトスフィンゴシンの結合体であり、とくに重要視すべき皮膚セラミドです。

 

思春期ニキビの頃によく効いた化粧品が、大人ニキビでは効果が得られないこともよくあります。

 

大人ニキビは保湿成分を無視した化粧水ではいつになっても改善しない事を忘れないように選ぶようにして下さいね。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ